持ち物について

参加通知ハガキ

参加通知ハガキは大会10日くらい前にお手元に届くよう発送いたします。
受付時にはハガキを必ず持参してください。

やむを得ない事情がある場合以外は参加者本人以外の受付は認めません。

装備について

参加者は以下のものを必ず携行してレースに臨んでください。

    • 水分1L以上(スタート時と各エイドステーション出発時)
    • マイカップ(※1)
    • 携行食(レース中必要とする内容と量)
    • レインウェア(防寒具を兼ねる)(※2)
    • 新しい電池の入ったライト(※3)
    • 熊鈴(コースは熊の生息域も通行します)
    • 大会エントリー時に登録済みの携帯電話
    • 保険証(コピー不可)

 

※1 マイカップ

ごみ減量化と省資源化のため、エイドステーションに紙コップの用意はありませんので、マイカップの持参をお願いします。

※2 レインウェア(80k、45k)

レインウェアはゴアテックスあるいはそれと同等程度の防水・透湿機能の縫い目がシームテープで防水加工されているもの。(耐水圧20,000mm・透湿性10,000g/㎡24hrs 程度以上のものが望ましい。)
ウインドブレーカー、ビニールカッパ、ごみ袋等での代用は不可です。
2000m級の高所を通過するため、雨が降っていなくても防寒具としての使用もあります。また、疲労時や濡れからくる急速な低体温症防止のために十分な装備をしてください。
レインウェアの必携は上のみですが、下も携帯することを推奨します。
全ての種目ともに事故防止のために雨天の場合は大会判断でレインウェア装備の緊急チェックおよび通過制限を入れることがあります。

※3 ライト(80k)

登山・ランニングに 適した十分に光量のあるヘッドライトやハンドライト(新品の電池を入れておくこと)
簡易・緊急用のライト(携帯電話のライト)等は装備と認めませんのでご注意ください。
80kmの選手は16:30以降にA6大門峠を通過する場合、スタッフにライトのスイッチを入れて見せてチェックを受けてから通過してください。
その際に不所持・不点灯の場合は先に進めませんのでご注意ください。

※4 その他推奨する装備

コースマップ、ホイッスル、ファーストエイドキット、エマージェンシーシート、グローブ、帽子、携帯トイレなど

第6関門(殿城登山口)

第6関門では全ての種目において時間帯と天候の状況により選手の安全のために簡易な装備チェックが追加される場合があります。万一必要な装備がない場合、この先の標高の高くなるコースに進むことができませんのでご注意ください。