コース

コース図

u-course

クリックすると詳細が見れます。(PDF / 3MB)

コースは都合により変更になることがありますのでご了承ください。

高低差図

coming soon

90k開催にあたり

2011年に産声をあげたこの"美ヶ原トレイルラン&ウォーク in ながわ"ですが、2012年に生まれたロングカテゴリー70kが、晴天もあいまって初年度なんと完走率30パーセント台!
以来、富士登山競争を凌ぐ低完走率レースと、ひそやかに噂されてきたものです(笑)
そんなか、美ヶ原2018は過去最高にキツイカテゴリーを100名限定で今年開催いたします。

ウツクシ90kです!

今後予定してます100km超カテゴリーを前にしての期間限定バージョンではありますが、距離10㎞延長ということで80kに対してスタート時間が30分早いだけという緩和措置のため、なかなかどうして標高差と関門が超ハイレベルなレースになると予想してます。
とくに、スタートから37㎞の山本小屋エイドの関門までが、前半のハイライトです!
(※2015、2016年大会にて、山本小屋エイドを8時前後に通過した選手、また12~13時間で完走した選手をおもに対象とみています)

当大会は、県内でも比較的規模の大きな大会として、お陰様で評価をいただいております。このたび、90kを開催するにあたっては、長和町はもちろんのこと、松本市、牧場・協議委員会、その他の承諾と多大なるご協力をいただいております。
また、一般ハイカーや希少な高山植物を有する山岳エリアです。ご参加にあたりレギュレーションはもちろんのこと、きっちりとマナーや安全面を理解し他の選手のお手本となる様お願いたします。

また、当区間は現地ルールにより、矢印看板等は極力なくし、マーキングテープのみの誘導となります

コースガイダンス

90k

茶臼山(標高2,006m。当レース最高到達点)から80Kカテゴリーと分岐し、再び山本小屋エイドで合流するまでの、約12㎞のガイドとなります。
当セクションはは、牧場と舗装路以外のトレイルはほとんどシングルトラックで、片斜面もあるテクニカルなトレイルが8割です。

 では、Let's trailrunning!

茶臼山~広小場(下り):400mダウン/2㎞と、やや急下降がつづきます。トレイルも狭いので滑落や転倒に注意してclimb down!

広小場~百曲り(登り):約350m/1㎞とこちらも急登です。これより2,000mの美ヶ原にかけては、平たい石が敷かれている風情あるトレイルに突入します。百曲りを登り切ったのウォーターステーションまでガンバです。

百曲り~王ヶ頭直下(やや登り基調のトラバーストレイル):ここを走ってもらいたくて、わたしどもは昨秋から交渉を重ねてきました。展望がきけば、進行方向左に屏風の様に脈々とそびえる北アルプス。
亜高山帯にぞくする美ヶ原では、シャクナゲ・キンポウゲ・コケモモ・レンゲツツジなど多種多様な植物が
トレイルに文字どおり花をそえてます。また、振りかえれば、御岳山、中央・南アルプスから富士山に八ヶ岳が望めます。山岳王国信州のトレイルと景観を目一杯たのしんでください!

王ヶ頭直下~石切り場(下り):550m/2㎞と、前半シングルトラック片斜面、後半ダブルトラックのスピード系のダウンヒルでつぎの登りの備えてください。また、途中のトレイルでは小さな分岐以外は直下降orジグ(斜めに勾配を避けて斜めにつくったトレイル)をきっていただいても同ルートなのでOKです。

石切り場~王ヶ鼻(登り):いま下ってきた分を登り返します。550m/2kmとすでに30km以上トレイルを登り下りしてきた身体には、ハードなセクションです!王ヶ鼻山頂(標高2,007m)に着いて、10:00の関門まで30分余裕があれば、しばし景色を楽しんでください。

王ヶ鼻~山本小屋エイド(ほぼ平坦):トレイルから美ヶ原台上といわれる2,000m級の広大な牧場へ。王ヶ頭山頂や王ヶ頭ホテルを抜ける当ルートは、さらにさらに極上の絶景に心躍らせながらつぎのエイドを目指します。エイドからは80Kカテゴリーの選手と再び合流です。それ以降の下りでは選手間の混雑も予想されるので、譲り合いの気持ちでお願いします。

※当セクションは、とくに宿泊施設もあり一般観光者がおおいので、さらにマナーのほどよろしくお願いいたします。

flyer

PDFで開く

80k

coming soon

45k

coming soon

 コースディレクター・広報担当:田中 ゆうじん