大会規約・注意事項

大会規約

参加者は以下の条項を読み、これらの規約に従って下さい。
これらの注意を怠ったときは、失格を含む厳重な処分を行うことがあります。

  1. 参加者は競技役員及びコース誘導員の指示に従い競技を行なって下さい。
  2. レース中に体調不良等により競技を中止(棄権)する場合はコース上の役員・誘導員に必ず申し出て下さい。
  3. 競技役員によりレース続行が困難と判断された方は、競技を中止される場合があります。
  4. 本レースは、信州・長和町観光協会に加盟する団体が中心となり大会運営を行なっています。
    参加者の皆様には大変恐縮ですが、同観光協会指定の宿舎にお泊りいただくことを参加条件とさせていただいております。
    ご理解ご協力のほどお願いいたします(長野県在住者、14km、8kmコース参加者を除く)。

失格条項

  1. 大会中にごみを投棄したり、指定コース外に立入るなど、自然環境保護に違反する行為があった者。
  2. 大会役員及びコース誘導員の指示に従わなかった者。
  3. 年齢・性別を偽って申告した者。申込者本人以外が参加した者。
  4. 所定の時間内に関門を通過できなかった者及び最終制限時間内にゴールできなかった者。
  5. ナンバーカードを着用しなかった者(ナンバーカードは正面に付けて下さい)。
  6. その他不正行為及びマナー違反があった者。

● 装備について

参加者は以下のものを携行してレースに臨んで下さい。

大門エイド:
大門峠では時間帯と天候の状況により簡易な装備チェックが追加されます。
万一必要な装備がない場合、この先の標高の高くなるコースに進むことができませんのでご注意ください。

風雨の予想される場合:
雨具に相当するウェア(スペック詳細は問いませんが標高2000m級での風雨を考慮下さい)

ライト:
16時以降に通過する場合チェックスタッフに点灯することを示してください。それ以前の時間帯では特に点灯チェックしません

  • 水分1ℓ以上(スタート時と各エイドステーション出発時)
  • 携行食(レース中必要とする内容と量)
  • 新しい電池の入ったライト
  • 保温のためのウインドブレーカーなど
  • 熊鈴(※コースは熊の生息域も通行します)
  • 保険証※  推奨する携行品コースマップ、携帯電話、ホイッスル、ファーストエイドキット、エマージェンシーシート、帽子、携帯トイレなど

● 開催中止基準

気象警報発令時は原則中止しますが、天候等の推移を見て参加者の安全が確保されると判断した場合はレースを再開、またはコースを変更して開催する場合があります。

● コース誘導について

コース上には誘導看板や誘導テープ(幅10cm程度の白いビニール)を各ポイントに設置してあります。
誘導看板についてはコースの分岐地点や危険個所、特に注意が必要な場所に、また、誘導テープについては200〜300m置きに枝等にくくり付けてあります。
誘導テープを見失ったら元の場所に戻りテープを確認して正しい道を進んで下さい。
コース誘導員は交差点や道路横断地点などに配置していますが、コースはしっかり自分自身で確認して進んで下さい。

● リタイア(棄権)について

途中何らかの理由でレースを棄権する場合は、必ず大会役員、コース誘導員にその旨を告げてからリタイヤして下さい。
または大会本部(ゴール会場)にて申し出て下さい。

● 記録計測チップの回収について

ゼッケンの裏に付いているチップの回収をしますので、ゴール後は回収スタッフまたは回収BOXに必ず入れて下さい。また途中でリタイアされた方もかならずチップは回収スタッフまでご返却下さい(※紛失などにより返却されなかった場合はチップ代金(4,000円)をご請求しますのでご注意下さい)。

参加者は以下のことに特に注意してレース(大会)に臨んで下さい。

1)自然保護に関すること
  • 登山道以外への立入りは絶対しないよう注意して下さい。先行者を追い越す時も、一般登山者とすれ違う時も必ずコース上を通行して下さい。
  •  コース内でのストック等の使用は制限していませんが、ゴムキャップを付けて使用して下さい。なお、コースコンディションの悪化等によりストックの使用に適さないと判断した時は禁止する場合もあります。・ ゴミは絶対に捨てないで下さい。落とし物にも注意をし、他者のゴミが落ちていた場合は拾うよう心掛けて下さい。
  • コース上および周辺エリアの動植物の採取や損傷を与える行為は禁止します。
  • トイレは各エイドステーションを利用して下さい。やむを得ない場合は携帯トイレを使用し、使った紙は持ち帰って下さい。
2)一般登山(利用)者およびレース参加者への配慮
  • 一般登山者には不快な思いをさせないよう、できるだけ道は譲り合い、挨拶を交わし、追い越しや行き違う時は積極的に声をかけて通行するように心掛けて下さい。
  • レース参加者がケガや病気で具合が悪いと判断した時は、最寄りのスタッフまたは大会本部へ連絡をして下さい。電話番号はレースナンバーに明記してあります。
  • レースを支えてくれる地元関係者やボランティアの方への感謝の気持ちを忘れないで下さい。
3)安全管理に関すること
    • コースはすべて自然のなかにあり、状況は常に変化しています。参加者はこのことをよく理解し、無理をせず十分に注意を払って大会に臨んで下さい。
    • 高地のコース上では突風、雨、雷、ガスの発生など気象状況の変化で天候が急変し、夏といえども低体温症に なることが予想されます。事前の準備も入念に行って下さい。
    • 大会本部(各ゴール会場)には医師、看護師を配置し、ケガや病気の応急処置に備えています。また、コース上のエイドステーション(給水所)には救護車両を待機させ、ケガ人やリタイア者の搬送などを行えるようにしています。

 

実行委員会からのお願い

第4回美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ大会へのご参加ありがとうございます。
実行委員会およびスタッフ一同、歓迎とお礼を申し上げます。
選手の皆様に、お知らせとお願いがありますので、ご出発前に必ずお読みください。

  1. 環境資源への負荷軽減について 
  • ご出発の前に本大会のコース上にある霧ヶ峰や美ヶ原は、古くから放牧や採草のための草原が広がっていましたが、生活様式や環境の変化により森林化が進むとともに、観光客など人の往来の増加により外来植物が繁殖し、それが本来の在来植生を乱しつつあります。そのため、本大会に出場される選手の皆様には、ご自宅を出発される前に大会に使用するシューズを洗っていただき、前回のレースなどで着いた汚れや泥などを落としてきていただくよう、お願いいたします。貴重な自然環境を守るためご理解とご協力をお願いします。
  • レース中のお願い美ヶ原トレイルランのコース上には、高山植物、野鳥、昆虫、そして、それらを育む雄大な自然環境が残っています。
    これら貴重な自然環境への負荷を軽減するため、選手の皆様には以下のことについて、ご理解とご協力をお願いします。
  • 男女倉山(ゼブラ山)~大笹峰間、及び殿城~北の耳走行の際には、既存の登山ルートをはみ出さないようお気を付けください。
  • 茶臼山~塩くれ場の間の道幅が狭いところでは、追い越したり横に広がったりせず、既存のルートからはみ出さないようご注意ください。
  • ゴミの投げ捨て、植物・昆虫などの採取捕獲は絶対にしないでください。詳しくは下記をご覧ください。
    http://www.c-trail.com/html/extra/trailrun_onegai.pdf

以上、お知らせとお願いについて、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。
選手の皆様には大会までの体調管理等にご留意され、ベストコンディションでのご来町をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

【大会に関するお問い合わせ先】フィールズ・スポーツデスク   TEL 0475-47-3017 FAX 0475-47-3018  Email info@fields-co.jp PAGETOP