skinsBROOKSmammutnew balancesmith
BuffBane

コースガイダンス
コース図

70km 高低図 35km高低図

>>コース図・高低図ダウンロード

コースガイダンス

ビーナス35kは、スタート地点のブランシュたかやまスキー場から山頂エリアの極上トレイルを通り、美ヶ原高原を経て長和町役場和田庁舎までの36km強のコースです。制限時間は8時間で、途中に関門が1ヶ所設けてあります。エイドステーションは計3ヵ所(うち1ヵ所は水のみの簡易エイド)です。 美ヶ原70kは、前半コースは35kと同じで、和田宿に下りたら庁舎へは行かず別コースへと進みます。途中水沢峠を越え、長門牧場を抜けて林間コースを走り、大門峠から最後は中央分水嶺を通ってスキー場に戻る約72kmのコースです。制限時間14時間、途中の関門3ヵ所。エイドステーションは計6ヵ所(うち1ヵ所は水のみの簡易エイド)です。 コースをしっかりイメージして、大会当日は美ヶ原のトレイルを存分にお楽しみ下さい。また、コース上にゴミを落したり、コース外に立ち入ることがないよう、登山マナーを守ることはもとより、ハイカーに道を譲る気持ちの余裕を持ってレースに挑んで下さい。この大会が多くの山・自然の愛好者に応援していただけるように参加者ひとりひとりが自然を大切にする気持ちとやさしさを持って参加いただきますようお願い致します。 また、残暑厳しい時期ですので暑さ対策を怠らぬよう十分に準備してご参加ください。

1.START~和田峠

ゲレンデ登りを終えてゼブラ山までは眺望抜群のトレイル!ゼブラ山から和田峠までは山麓のガマンのコース! スタート直後はボトルネックになるのでゆっくり落ち着いてSTARTして下さい。スキー場のゲレンデをひたすら登り山頂に至ります。ここから本格的なトレイルコースとなります。一般ハイカーも使う登山道です。道を譲る気持ちの余裕を持って進んで下さい。スタートから約5kmのゼブラ山からの下りは急なガレ場があります。転・滑落、落石に注意して下さい。ガレ場を過ぎたら第1回大会と異なるコース、ゼブラ山と鷲ヶ峰の山麓を走り抜けます。この間は林道とトレイルで展望の効かない我慢のコースとなります。
※一部林内のルートに自然保護の観点から草刈りをしない箇所があります。足元にご注意下さい。
標高を下げてからは高圧電線の作業道を使って和田峠方面を目指します。再び中央分水嶺トレイルに戻ってから和田峠までの下りも急坂に注意が必要です。ビーナスラインに出たら道路沿い右側を約200m進み誘導員に従い道路を横断して下さい。道路反対側が第1エイドステーションです(約13km地点)。

2.和田峠~美ヶ原(山本小屋)

眺望抜群の極上トレイルを楽しんで!(意外とアップダウンがあるので注意!) ゲレンデを登り古峠から登山道で三峰山(17km地点)を目指して進みます。極上の山岳眺望を体いっぱいに感じる余裕も持ちましょう。「扉峠」手前で再びビーナスラインに出ます。道路左側の歩道を車両に注意して400m走行して下さい。扉峠を通過し山腹に差し掛かるところに第2エイドステーション(水のみ)があります(約20km地点)。途中2ヵ所でトレイル沿いの斜面が崩れかけている個所(ロープが張ってある)があるので要注意。コースは本ルートの最高地点2,006mの茶臼山を登ります。ここから先は牧場内を抜け美ヶ原の台上に出ます。「塩くれ場」を通過したところから美ヶ原のメインルートになり、大勢の観光客が行き来しています。
※このエリアは「歩行区間」となります。コース誘導員の指示に従い歩行者に注意して進んで下さい。「歩行区間」は決して走らずに“速足”で通り抜けて下さい。
「山本小屋」(約25km)が第3エイドステーション。ここが35kの関門、制限時刻は14時です。レース打切りの方はゴール地点まで搬送します。

3.美ヶ原~和田宿(35k GOAL)

1200m下るガマンのコース! 第3エイドステーション後も牛伏山までは「歩行区間」です。観光客、一般ハイカーに注意して進んで下さい。その後「物見石山」登山口へ行くのにビーナスラインを横断します。コース誘導員の指示に従い道路を横断して下さい。
※物見石山頂上直下は岩場です。転・滑落注意。その先も浮石などに注意して下さい。林道までの下りは急坂もあるので注意が必要です。
その後はダブルトラックの林道をひたすら下り、アスファルト道が出て集落に入ります。 県道手前のT字路で70k組は左へ。35k組は右へ進みます。35k組は県道に出たら左側を進みゴールの長和町役場和田庁舎を目指して下さい。70k組は鹿柵を抜けて田園風景の中を走り、第4エイドステーションの小学校へ向かいます。生活道路で交差点が多いので車両、人に注意して下さい。第4エイドは70kの第1関門です(37km地点・制限時刻13時)。

4.和田宿~長門牧場

一山超えてから標高差800mの林道登り区間。ガンバ、ガンバ! 小学校を出てすぐに道路横断箇所があります。コース誘導員の指示に従って下さい。歩道橋で国道142号を渡り、発電所脇から水沢峠へと進みます。一山越えて集落を走り、アンダーパスで国道152号をくぐり抜けてから林道で長門牧場を目指します。約10km我慢の登り区間です。牧草地が広がる長門牧場が第5エイドステーションで第2関門となります(52km地点・制限時刻16時)。

5.長門牧場~大門峠

林間の比較的走りやすいコースだが、沢や湿地帯もあるので天候によっては注意が必要! 長門牧場からは再び中央分水嶺で林間トレイルを進んで下さい。その先グランド脇を過ぎると一般道に出ます。車両、人に注意して約300m進めばまたトレイルに入ります。用水路を過ぎ、湿地帯を渡って大きな沢にぶつかったら林道の方へ行き橋を渡ります。 再びトレイルに戻ると“激坂”が待っています。ここまでくれば大門峠はもうすぐです。大門峠は第6エイドステーションで第3関門です(60km地点・制限時刻17時30分)。

6.大門峠~GOAL・ブランシュたかやまスキーリゾート

大門峠からの登りのトレイルも“激坂”です。浮石が多いので注意して登って下さい。途中から比較的平らなトレイルに入ります。姫木平のペンション街に向かって進み、林道に出てから再びトレイルに入り殿城山を目指します。尾根に出たら頂上には寄らず中央分水嶺に戻り、ゴール目指して車山の広い台上を進みます。南の耳、北の耳を過ぎれば早朝に通ったブランシュたかやまスキー場からのトレイルコース。ゴールはもうすぐ!最後はゲレンデを駆け下りてフィニッシュとなります。

このページのトップへ

Fields Trail & Ocean